生きた毛髪へ復活させるプロペシア|薄毛を予防するフィンペシア

毛髪を失う原因物質を阻害する薬

プロペシアとは、国内の男性の方の九割が毛髪が薄くなる脱毛症である事が分かっており、その原因物質となるDHT(雄性ホルモン)の産生を抑制する事の出来る世界でもはじめてとなる経口投与する事で改善あるいは症状の進行を遅滞する事が出来る遅延効果を得る事が出来る薬とされ、日本では2005年より医師からのみの処方により投与可能となりました。
今ではプロペシアはAGA治療には欠かす事が出来ない薬剤になり、本剤成分であるフィナステリドは血液中にある雄性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼにより転換される事により上記原因物質を作り出してしまう事を防ぐ事ができ、短期間での効用は期待出来ませんが一年以上の長期的な投与により頭皮環境が整い始め、髪を失っていた毛穴からも再び髪を生やし成長させる事ができ、髪一本一本が太く丈夫な硬毛へと生まれ変わらせてくれ発毛の効果を実感出来る様になります。
補足になりますが、毛髪が抜けたり薄くなる要因となる事は上記で記した通りになりますが、産生されたDHTは頭皮内のホルモンを受け取る受容体(トランスポーター)内に結合する事でTGF-βというタンパク質に分類されるものが生成され、これが毛髪の成長を押さえ込んでしまい細く柔らかい軟毛に変えてしまうとされます。
また同一成分用量を持つ薬にはフィンペシア錠があり、これは後発薬に当たる製品であり同様にAGA治療として長期間の投与により効果を得る事ができ、こちらを選択する際のメリットや判断基準として剤形がプロペシアとは異なるものの同一成分・作用になりまた安価での購入が出来る為、男性の方の服用にかかる金銭的な負担を軽減させる事が出来るので、AGA治療で長期の投与が必要とされているだけに安価で治療が出来る事はフィンペシアの大きなメリットになります。
またフィンペシアを含む本剤は、経口投与により治療を行いますが一日の用量はフィナステリドを0.2mgとして一錠の投与となり、医師の判断により適宜増減する事がありますが、どれだけ多くでもフィナステリドは1mgまでが一日の上限となるので、つまり一日最大で経口服用出来るのは五錠までとなります。